Return to site

try to 〜と try 〜ingの違い

先日配信したメルマガが、メール設定の問題で届いていない方もいたようなので、こちらでシェアいたします!

□■-----------------------------------□■

NOBU YAMADA NEWSLETTER   2016_7_3 Vol.3

□■-----------------------------------□■

Hello, everybody! Nobu here with today’s Q&A!  今日のQ&Aです!

Question:

先日のブログに、「高校の入試問題で try to〜と try 〜ing が間違って使われていた」という投稿がありましたが、実は、私もよく理解できていません・・・。どちらも「〜しようとする」と覚えています。

Answer:

ちょっとトリッキーですよね!例文を比べて意味の違いを確認してみましょう。

1. I tried to get up early.

2. I tried getting up early.       ※get up early: 早起きする

どちらも「早起きしようとした」と取れそうですね。しかし、この2文には大きな違いがあります。

====

1.のtry to〜の場合は、「早起きしようとした」(→だけど、結果的にはできなかった)

2.のtry 〜ingの場合は、「(試しに)早起きしてみた」(→実際に早起きした)

====

try to 〜は、やってみたけど実際には成功しなかった、というのがポイントですね。

to〜はよく「未来志向」と言いますね。tried to get up earlyは、get up earlyという未来に向けてtryしてみた、ということです。(→「だけどできなかった」をほのめかしている)

一方で、〜ingはすでにやっていることや、実際にやったことを表すときに使いますね。tried getting up earlyは、実際にget up earlyということをtryしてみた、ということです。

===

try to 〜とtry 〜ing、一見どちらも「〜しようとする」という和訳で処理できそうですが、こうして見ると、使い方は全然違うのがわかりますね。あえて和訳で表すならば、try to 〜は「(できないかもしれないけど)〜しようとする」、try 〜ingは「(実際に)試しに〜してみる」という感じでしょうか。

ちなみに、僕が見た入試問題では、try 〜ingとするべきところを、try to〜としていました。僕の経験だと、日本人はこのパターンのミスが多いですね。try to 〜の方が、try 〜ingよりも何となく言いやすい(馴染みがある)のかもしれません。

try to〜 とtry 〜ing、今度見かけたらぜひ意識してみてくださいね!

Hope today’s Q&A helped!! Have a great day!!

NOBU

Q&Aメルマガでは、こんな感じで読者からのご質問にお答えしています。質問したい・回答を受け取りたいという方は、こちらよりお気軽にご登録くださいね!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly