Return to site

情景描写トレーニング

僕が主宰するオンライン英語学習サロン「NOBU Connect」では、表現力を高めるトレーニングを毎週やっています。

そのうちの一つが「情景描写トレーニング」です。

次の写真を見てください。この情景を、あなたは英語でどのくらい正確に説明できますか?(5〜6文くらいで描写してみましょう)

では、この情景はどうでしょうか?

もしこれらの情景を見て、

「動作や状況をうまく表せない」

「何から話していいのかわからない」

「詳細に表現できない」

「2〜3文で終わってしまう」

といったことがあったならば、語彙の知識や、実践的な表現力に欠けていると言えるでしょう。

ここでポイントになっているのは、

・どんなシチュエーション?(絵から想像する)

・誰が、どこで、何をしている?(事実を説明する)
 

です。

シンプルですが、教科書英語や資格試験対策しかやっていない人は、こうした活きた説明がうまくできません。

だからこそ、トレーニングで鍛える必要があります。

NOBU Connect では、このトレーニングを毎週やります。方法としては、

 

1. メンバーたちがまず自分の回答をそれぞれ投稿(=OUTPUT)

2. そのあと、僕がサンプル英文を投稿(=INPUT)

3. 表現に関する様々な気づきをみんなで共有(=SHARE)

 

こうしたステップを踏むことで、とても効果的な学習と交流ができます。

参考までに、池のそばにしゃがんでいる男の子二人の写真については、僕は以下のサンプル英文(+語注)を投稿しました。

====

Two little boys, probably aged around five and three, are playing by a small pond in a park on a beautiful sunny day. They are both wearing a short-sleeved aloha shirt, black shorts and a hat. The matching outfit suggests that they are brothers. Maybe they are on vacation with their family.

They are crouching down and looking into the pond curiously, reaching out their hand. Perhaps they have spotted some fish and want to try and touch it. Their fingers are about to touch the surface of the pond.

*probably:おそらく
*aged 〜:〜歳の
*matching outfit:おそろいの服装
*A suggests that B:AはBを示唆する(→Aを根拠にBが考えられる)*Judging from 〜 とちょっと似た感じで使えますね
*be on vacation:旅行中である

*crouch down:しゃがむ
*look into 〜:〜を覗き込む
*curiously:興味津々で
*reach out their hand:手を伸ばす
*spot:発見する、気づく
*try and 〜:〜してみる
*be about to 〜:今にも〜しそうだ
*surface:表面

====

いかがでしょうか?

少し難しく感じた人もいると思います。でも、NOBU Connect で上質のINPUTとOUTPUTを日常的に行うことで、これが普通になってきます。そして、自分でも似た文章が作れるようになってきます。

こうしたトレーニングに興味がある方は、ぜひNOBU Connectにご参加ください。

★年内でメンバー募集をいったん締め切ります。残り19名、先着順★

https://www.nobuconnect.com

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly