Return to site

垣内俊哉氏の講演

垣内俊哉氏の講演

先日、久しぶりに魂を揺さぶられるお話を聞きました。

垣内俊哉さんというベンチャー企業経営者の講演を聞きに行ったのですが、彼は遺伝性の病気のため、生涯車いす生活を送られています。骨が脆く、これまで20回以上の骨折を体験、人生の5分の1を病室で過ごされているそう。

子供の頃の夢は、「歩くこと」だった。でもその夢は、とうにあきらめた。歩くどころか、その後は心肺停止で生死をさまよったり、一時期は顔面の筋肉が硬直する病気で、話すことすらできなくなった。

普通なら、くじけてしまいそう。

でもそこから、彼は驚くべき逆転の発想で、すごい行動に出ます。

「バリアをバリューに変える」(障害を価値に変える)という考えのもと、大学在学中にバリアフリー専門のコンサルティング会社を起業。車いすだと、目線が高さ106センチなのだそうですが、「106センチの視点だからこそ見える世界」を武器に、企業や政府に対してバリアフリー(Universal Design)を実現するためのコンサルティングを提供し始めました。

そして今では、若干27歳にして、日経ビジネスに「日本の主役 100人」に選ばれるまでになりました 。(会社名は「ミライロ」) 環境省や大手企業など、すでに多数の実績をお持ちで、数々の賞も受賞されています。

講演では、とにかく、彼のビジョン、温かさ、精神力、行動力、プレゼン力....すべてに圧倒されました。すごい方でした。バリアフリーへの向き合い方はもちろんのこと、生き方そのものを刺激する大きな力をいただきました。

まだ27歳。何かを成し遂げるには、年齢なんて関係ないのですね。

誰もがいつかは最期を迎える。後悔のないよう、自分の全てを出して、何かしら役に立つことができたらと心を新たにしました。

垣内さんのブログ → http://t-kakiuchi.com/trying-day/

読んでいると、あらゆる迷いが吹き飛びます。

こうしたふとしたご縁で、人生は大きく変わるもの。この機会をくださったMさんに心から感謝します。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly