Return to site

和文英訳はいいトレーニング

和文英訳は、相当いいトレーニングになりますね!久しぶりに英訳の仕事をやっていて、そう実感しています。理解力と表現力がぐんぐん磨かれます。

元の和文を読むときは、「言いたいことを正確に汲み取る」ために、一語一句を丁寧に読みます。それも、何度も何度も。この作業は理解力や根気が育ちますし、コトバの楽しさみたいなのも実感できます。

英語にするときは、なるべく原文に忠実に訳しますが、直訳では全くダメ。英語としての「正確さ」「自然さ」「力強さ」などにこだわって、表現を丁寧に選別します。これもまた、一語一句が勝負。ちょっと配置を変えたり単語を変えたりするだけで、こんなにも響きや伝わり方が変わるんだ!!そんな楽しい発見ができます。

学習としては、すばらしく質の高い時間です。

---

効果的な英語学習法を考えたとき、従来の学校英語のように翻訳に明け暮れるのはよくない。やはり、「英語は英語で理解する」「自分が言いたいことをゼロから英語にする」「英語で交流する」といったことを中心にすべき。

でも、だからと言って、「完全に英語オンリー」にしなくちゃいけない訳ではないと思う。

第2言語は、母語の上に成り立つと言われます。日本人の英語学習者にとって、日本語(母語)は思考の拠り所、大切な資産。理解を深める手段として、日本語は大いに活躍するのです。

普段の英語中心の活動の中で、上質の和文英訳も取り入れることで、改めて言葉や表現への「気づき」や「こだわり」が芽生え、結果的にセンスもぐっと上がるのではないかと思います。少なくとも、自分で英訳していて、リアルタイムでそんな成長を実感しています。

==

【良い英文とは?】

誰でも実践できる、いくつかのシンプルなルールがあります。たとえば、「動詞にこだわる」というのは非常に効果的なマインドセット。シンプルなだけに、相当深いです。(←そこが楽しい) 

今度の撮影が落ち着いたら、こうしたルールを一緒に考える「NOBU式 英訳ゼミ」でも開きたいな!^^ 

僕は翻訳の専門家ではないけれど、和英辞典の執筆委員をやっていたとき(SUPER ANCHORやO-LEX)、監修をされていた東京外国大の名誉教授に、「山田さんの英訳は本当に素晴らしい!」と言っていただいた。英語家として、これは1つの自信の拠り所になっている。

専門校のような体系的なコースは作れないけど、一般的な学習者が、リラックスしながら本格的に英語力(と同時に日本語力)をアップさせられるようなゼミを考えてみたい。たとえば、村上春樹の小説の一節を英訳してみる、日本人の有名な言葉を英訳してみる、など。魅力的な内容の和文を英訳することで、なかなか楽しい学びの時間になるのではないかと思います。

 

専門校のような体系的なコースは作れないけど、一般的な学習者が、リラックスしながら本格的に英語力(と同時に日本語力)をアップさせられるようなゼミを考えてみたい。たとえば、村上春樹の小説の一節を英訳してみる、日本人の有名な言葉を英訳してみる、など。魅力的な内容の和文を英訳することで、なかなか楽しい学びの時間になるのではないかと思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly