Return to site

「偉人の英語名言」第4号 The only thing you can be the best at is......

"The only thing you can be the best at is developing your own self.”
- Natalie Portman

* "Swan Lake"(白鳥の湖)での名演技で知られるハリウッド女優。アカデミー賞授賞。

🔸Japanese Translation

唯一、あなたが一番になれるのは、「自分自身の個性を伸ばすこと」のみです。

🔸Expression Points

"The only thing you can be the best at" という「長い主語」にいかにパッと気づけるかが肝ですね。

The only thing(唯一のこと)と言った後に、その指している内容の説明として、
you can be the best at(あなたが一番になれる)
と続きます。
唯一のこと → あなたが1番になれる
the only thing → you can be the best at
*thingの後には、説明をつなげるための関係代名詞thatが省略されています
なお、be the best at 〜 で「〜で一番である」という意味の決まった形の表現ですので、こうして名詞の後ろにくっつける場合は、おしりに at が残ります。
The only thing you can be the best “at” is...
このatを落として、

The only thing you can be the best ( ) is…

と言ってしまいがちなので注意しましょう。(←これは上級者向けのポイントです)

🔸Pronunciation Tip

The only...the best at の長い主語を、いかにスムーズに“ひとかたまり” として言えるかが大事です。the best atのatで初めて一息つく感じで言ってみてください。

なお、"only" のように、1つに限定するような言葉は内容的に大事ですので、高めの音程で強調して発音しましょう。(他に best や last なども、1つに限定するタイプの形容詞。同じように強調して発音します)

🔸Thoughts

前回の第3号で投稿した George Bernard Shawの言葉は、“creating yourself” がポイントでしたが(Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself.)、今回は“developing yourself”。

共通するメッセージですね。
これはアカデミー賞女優のNatalie Portmanがスピーチの中で言った言葉です。

彼女は今でこそ世界的なスターですが、初めて出演した映画は、とにかく散々の結果だったそうです。("initially was such a disaster"。initially「はじめは」、disaster「大惨事、大失敗」)

でも、その挫折がかえって良かったそうです。なぜなら…
"I learned early that my meaning had to be from the experience…"
(周囲の評価や金銭的な成功よりも)「経験そのもの」に意味を見出せないといけない、ということを早いうちから学べたから、
とのこと。
ほどなくして、彼女は主演を務めたBlack Swan「白鳥の湖」でアカデミー賞を獲り(他の賞も総なめ) 大スターになるのですが、その時点で、彼女は「周囲の評価は全く気にしない」という境地にまでいたそうです。
"I felt immune to the worst things anyone can say."
そんなことを言っています。
(immuneは「免疫のある、影響されない」。他者にどんなにひどいことを言われても全く動じなくなっていた、ということ)
すごいですね。
自分より技術的に優れている人はいくらでもいる。だから、そこに固執しても仕方ない。
「自分が唯一、一番になれるのは、自分自身の個性を磨き発揮すること」
本当にそうですね。

ずっと大切にしていきたい、とても勇気付けられる(empowering) 言葉でした。

<無料配信のご案内>

偉人の名言を紹介するこのようなミニレッスンを、週1回、午前7時にメルマガで無料配信しています。

 

<英語名言 → 和訳 → 表現のポイント → 音声・発音TIPS → 編集後記>

 

通勤中や家事の合間でもサクッと読める短い記事です。

 

慌ただしい毎日だからこそ、静かに心を整える時間を持ちたい....

 

そんな想いで始めたシリーズです。以下のリンク先で「名前」と「Eメール」を登録いただければ次回号からお送りします。

 

http://www.nobuyamada.com/#free-lessons

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly