· つぶやき

書斎の本棚が色々な本で溢れ返っていたので、昨日は一気に総整理しました!いやぁ、すっきりしました。

色々と混在していると意識や気持ちが分散しやすくなり、その分だけ生産性が下がってしまうので、今回は「今後一番力を入れたい活動」にフォーカスして本を並べ替えました。

ここ数年は、中学英語関連の文法書や英会話本、そして映像授業を手がけていた関係で、本棚もそういった本が自然と増えていきましたが、今後は、中学英語をベースにしながらも、CLIL*、語彙指導、エッセイライティング、スピーチなど、より内容重視の指導にシフトしていきたいと思っています。また、益々魅力を増している「英検」にも改めて注目しています。(中学英語系に加えて、別ジャンルとして、NOBU式バイリンガル子育ての確立にも本格的に取り組みたい)

※CLILとは、Content and Language Integrated Learningの略語で、日本語では「クリル」と読みます。文法・語彙・発音を機械的に学習するのではなく、社会や理科といった「教科」や「時事問題異」「文化理解」「物語」などと絡めて、"生きたコミュニケーション" として運用することで習得を促進させるアプローチ(→ Content「内容」とLanguage「言語」をIntegrate「統合する」)。近年、ヨーロッパで注目を集めており、日本でも少しずつ導入されています。

本棚を整理するプロセスで、自分が何をやりたいのかが再確認できたり、さらに明確になったりと、とても有意義な時間でした!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly